お猿さんのライフハック!!

カードゲーム、英語学習、海外旅行などの雑記を綴ります

ひとり韓国旅行でオススメ!格安プリペイドSIMを紹介する!

 

どうも、チンパンジーまさるです。

 

韓国旅行でのネット環境を確保するために、通販サイトで事前にプリペイドSIMを用意してみました。

こちらのプリペイドSIMはひとり韓国旅行でかなりオススメです。

f:id:osarusanlifehack:20191224130956j:plain

5日間対応

4GBの大容量

値段が安い

使い捨て

日本語説明書付き

楽天で1000円ポッキリで購入できるので1日あたり200円で韓国でのネット環境を確保できます。

 

もちろんiOS、Android両方とも対応しています。

 

通信容量は5日間で4GBまでですが、『YouTubeはホテルのWi-Fiで視聴する』など工夫をすれば何の問題もありません。

実際に僕は4日滞在して1.5GBしか使用しませんでした。

 

設定も簡単ですぐに終わるし、日本語説明書付きで迷うこともありません。

次回からもリピート予定のSIMカードなので、みなさんにも宣伝しておこうと思います。

スポンサーリンク
 

プリペイドSIMの設定方法

まずは端末がSIMフリーに対応している事が必須条件です。

古い端末だとSIMロックがかかっているので、不安なら確認しておきましょう。

 

あとは『SIMロックピン』がないとSIMトレイを開けることができないので、ピンを持っていくのを忘れないように気をつけて下さい。

ちなみに僕は見事に忘れてしまったので、仁川国際空港内のコンビニで安全ピンを購入して代用しました。

 

『Huawei P20 Lite』のSIMトレイは安全ピンでも開きましたが、ASUSの『Zen Fone5』では開かなかったのでSIMロックピンは絶対に忘れないようにしましょう。

 

設定作業をするのは韓国に着いてからで大丈夫です。

空港内のベンチなり、カフェなどでゆっくりと設定してください。

 

 今回はAndroid端末での手順を紹介しますが、iPhoneでもだいたい手順は同じです。

 

まずはパッケージを開封。

SIMカードを取り外して、スマホのSIMトレイにセットします。

f:id:osarusanlifehack:20191224131959j:plain

SIMカードを読み込むと中国語の通知が表示されます。

なんかヤバそうに見えますが、『China Unicom』は世界3位の超大手キャリアなのでご安心を。

f:id:osarusanlifehack:20191224132358j:plain

次にスマホの【設定】から【モバイルネットワーク】を選択。(端末によって手順が異なるかもしれません)

『モバイルデータ通信』と『国際ローミング』をONにします。

使い切り制のSIMなので追加料金が発生することはありません。

f:id:osarusanlifehack:20191224132807j:plain

これで設定は完了です。

『SK Telecom』の回線が通っていて、インターネットにも接続できれば成功です。

f:id:osarusanlifehack:20191224133819j:plain

 

 何か困ったら、日本語説明が付属しているのでそちらを読めば解決するでしょう。

f:id:osarusanlifehack:20191224131820j:plain この方法であれば、空港でポケットWi-Fiをレンタルするよりも安く済ませることができるので、ぜひ韓国旅行の際はお試しください。

 


韓国 3GB→4GBに増量!【ギガ増量キャンペーン2020年3月末迄】ChinaUnicom 韓国 LTE対応短期渡航者向けデータ通信SIMカード(4GB/5日)